« 2006.10関大リンク | Main | 2007.8 PIW東京公演その1 »

Jun 04, 2007

2007.1前橋国体その2

2007kokutai_kanyama1
1月の前橋国体は、snowちゃんからもらった画像を前にも一度載せてあるんだけど、ドアラを撮ってきたらようやく自分の写真も焼けたので(ええ、わたくしいまだ銀塩カメラを利用しておりますの!)、重なるけどここに載せておきます。

成年男子の試合も終わり、いよいよ神崎範之選手が残す試合は四大陸のみということで、差し入れのひとつも渡したいものだと選手の帰り道で待っていたのだけど、なかなか来ない。上位選手はドーピングチェックがあるらしい。
自分達が帰る電車の時間もあるし、少々焦っていたところ彼の先生をキャッチできたので、「これ、神崎君に渡しておいてくださーい」と言うと先生、「ちょっとまって」とどこやらに電話をして視界から消えた。「??」意図がわからずぼやーっと待っていたら、少し離れた出入り口のほうからちょいちょい、と先生が手招きされておる。「???」となりながらするするとついていき、リンクの建物を出て、むかいの建物へ。ドーピング検査はそっちの建物の中でやっているんだそうだ。建物の外では、暗い中、織田君目当てらしい色紙を持った子供や大人が待っていたりした。
暗い廊下を連れられて階段を昇り、「ここで待っててください」と係の方に言われてしばし待機。「上に来ていいですよ」と言われてさらに上の階へ。
メンバーはドーピングルームの中で「待機中」=つまりまだ「出てない」という状態だったもよう。先生は廊下から「ノリー、いるー?」と声をかけ、廊下に出てもいいという話になって、付き添いと言うか見張りの男性(ドーピングチェック中だからね)と共に神崎君が出てきてくれた。
こちらは(どういう展開なんじゃこりゃー)と思いながらも、先生の親切ぶりに驚くやら嬉しいやら。
(ほんっと、こと神崎君を応援するということになると、びっくりするほど親切だった岳斗先生でした)

2007kokutai_kanyama2

ながーい前置き終わり。という状態で撮らせてもらった写真がこの2枚。

1枚目は『にっこりの師弟』
2枚目は「はい、なんか違う顔してくださいー。面白い顔してくださーい」と言ったら、先生が「いっつもそれなんだから!」と突っ込んでいらっしゃるところでございます。


2007kokutai_yamato

神崎君との面会も無事終了し、いっしょに階段を降りながら先生、ダウンのポケットに手を突っ込んで、なんかうれしそうに「あ、これいる?」とおっしゃる。「なになに? なんかいいもの?」…………神崎君の鼻かんだティッシュ…………。
「……いりません」
「あーでもヤフオク出したら売れるかも〜!(笑)」
と言うと、けっこう真顔で「うん今の人気だったらホント売れるかも」などとおっしゃっておられた。
先生のだったら考えないでもないけど……(嘘です)

|

« 2006.10関大リンク | Main | 2007.8 PIW東京公演その1 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/5443/15316653

Listed below are links to weblogs that reference 2007.1前橋国体その2:

« 2006.10関大リンク | Main | 2007.8 PIW東京公演その1 »