Main | June 2006 »

May 25, 2006

2006年5/8 FOI朝の遭遇

200605dai
 8日は有休をとったので、7日夜は新横プリンスに宿泊。プリンス新横公演終了打ち上げで、気分よくゴハン食べて軽く飲んで9時過ぎにホテルに帰った。ああそういえばさっきまでまさにここで静香ちゃんのアマ引退会見があったんだよね〜、と、TVをつけて会見を拝見。静香ちゃんの話す姿の、凛としてうつくしいこと! 彼女がアマチュアスケーターとしてやり残したことはひとつもない。選手なら誰でもあこがれるような素晴らしい引退のしかただ。今後、金メダリストとして充実した活動をしていってほしい。

 8日の朝はゆっくり起きて、大戸屋でのんびり朝ごはんを食べて、チェックアウトの11時ぎりぎりにホテルに帰ってきた。ロビーを通ってエレベーターに一歩乗り込んだ瞬間、 KOYURI嬢「今いたの、大ちゃんだね」「えええ!?」気がつかなかった私となな嬢はあわてて降りた(笑)KOYURI「時間ないから部屋行ってるよ〜」私たち「行ってて〜〜」
 大ちゃんは玄関の近くで出かける荷物を脇に置いて電話をしていたが、ちょうど終わったので話ができた。大輔君とはドルトムントで会って以来直接会っていなかったのだけれど、にこにこと「ひさしぶり〜」と言ってもらえて嬉しかった。昨日帰ってきたから時差ボケだそう。「今日は何滑るの?」「ひみつー」みんなこればっかりだな。
 そこに岳斗君も登場。黒の小さめのバットケースみたいなものをお持ちだった。(座頭市のアレが入っているんですな。萌)岳斗君「楽天いるんですかー?」私「??あー、あれ、楽天か〜〜」エレベーターホールにおそろいのえんじ色のバッグや大きなスーツケースやがずらっと並べられてスタッフが数えたりしてたんだけど、学生??とか思っていたのです。あとで見たら確かにEのロゴが入ってた。
「賢二君にすばらしかったって言っておいて、振付」
「ちょーしに乗るから言わない〜」
「え〜(笑)」
「あれは滑ってる人がいいんだな」
 はい、ごもっともでございます。

 チェックアウト時間も迫っていたので部屋に戻ってダッシュで荷物をまとめ、もう一度一階に戻ってきたら、大ちゃんはまだ同じところにいた。歌子先生を待っていたらしい。「オリンピックの後だと、人に囲まれちゃったりとかしないの?」「べつに大丈夫ー。大阪だとちょっとあれだけど」「でも変な人もいるでしょう」「うん、いる(笑)」
 なな嬢は大輔君のあの髪型に興味津々で髪の毛をさわって「パーマかけてるの?」なんてたずねたが、彼も全然平気で「天パー。なにもしてない、のばしっぱなし」だって。
名古屋と大阪のショーを見た私は「前はもっとモップみたいだったよねー」。後で考えたらひどい発言かしら(笑)
 写真を撮らせてもらおうとなな嬢が「お願いがあるんだけど……」と言うと大輔君即座に
「だめー」。
「も〜〜みんなそう言うんだから〜〜(笑)」と言うと、
「え、誰がそやって言うんですか?」
「さっきここにいた人よ!(笑)」
「でも、岳斗くんはそのあとちゃんと撮らせてくれるんでしょう」
 大ちゃんいいキャラだ……。もちろんそのあとこころよく写真を撮らせてくれました。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Main | June 2006 »